So-net無料ブログ作成

吉凶チャンプルー [日々ノ出来事]

今朝の通勤中、歩道橋の上を歩いていると、怪しげなトラックを発見した。

トラわれもん。
トラわれもん

どこかに設置されていたのか、はたまたこれから設置されに行くのかは知らないが、世代を超えて愛されるあの耳無し青猫ロボットが、哀れな姿でドナドナされていた。



さて、本日は好いことと悪いことが併発する日であった。先ずは悪いことから書こう。


仕事中にWILLCOMにメルが届いていることに気付き、それを見ようとした。すると、フリーズ。あたしが持っているWILLCOMは、『W-ZERO3 [es]』という機種で、『Windows mobile』という携帯端末用のOSを積んだ、言わば小さいパソコンだ。(ちゃんと『PDA』という総称があります。)mobile版であれ、WindowsOS搭載という時点で諦めるべきなんだろうけど、これがよくフリーズするのだ。フリーズしたらどうするかというと、リセットボタンを押して復帰させる。PCのミツボタン(Ctrl+Alt+Del)と同じだ。普段からフリーズする頻度が高いので、今回も「いつものこと」と思いながら、リセットボタンを押した。

ところがその後、普段なら重々しく再起動をするのに、今回は様子がおかしい。待てども待てども起動途中の画面のまま、止まってしまって先に進まない。「えゝい、もっかい押したれ!」と再度リセットボタンを押す。しばらく待ってみると、やっと画面がいつもの待受状態になった。しかしまだ何かおかしい。よく見ると、アンテナが立っていないのだ。いくら待っても立たない。

それから原因を探ること約20分。なんと、SIMカードに記録されているはずのデータがふっ飛んでいた!SIMカードに記録されている情報とは、電話番号やオーナー情報。携帯電話やPHSのほとんどは、このデータを使って発信したりするわけで、SIMカードにデータが無いと電話をかけたりすることができない。

これは多分、SIMカードを新しいものと交換して、必要な情報をもう一度焼きこむしかないんだろう。近いうちにショップへ持って行かなきゃ。面倒なことになった。まぁ、ボダポンもあるから、連絡の手段としてはさして問題はないのだけど。因みに、こんな状況。

ウィルコム・オーナー情報画面 ウィルコム・SIM情報画面


さて、お次は好いこと。今日は色んな人から贈り物をもらった日だった。そう、本日3月14日は『白い日』。もっとも、あたしは午後になるまで気付かなかったのだが。(笑)

お昼過ぎ、ボスが出社。ボスは部屋に入るやいなや「はい、甘味返し!」と言ってビニールの手提げ袋に入った箱を差し出した。その箱の中身は、ケーキだった。ボスは、地元にあるデパートに入っている『ブールミッシュ』という洋菓子店で、先日あたしがお土産に買って帰った『三喜羅』のお返しに…と、買ってきてくださった。「今日はホワイトデーですよ」と言うと、「じゃぁ、それも兼ねて!」と言われた。(笑)私がいただいたのは、『サクラ』と名付けられたムース。上にはメレンゲがのっており、疲れた脳にはピッタリの甘さだった。

ブールミッシュのケーキ『さくら』(ボスから)


次にいただいたのは、相方からの花束。わざわざあたしの帰る時間に合わせて京都駅で待っていてくれた。相方からは何かのときによく花をもらうけど、買うお店は決まっている。あたしも一度、母に贈る花のアレンジメントをそのお店でお願いしたことがある。いつもセンスよくまとめてくれる、いいお店だと思う。今回は白を基調としたものだった。オーダーする際に、お店の人から「贈るお相手はおいくつの方ですか?」と聞かれた相方は「25歳です」と言ったそうだ。微妙なサバ読みだ。(笑)なぜそのように答えたかというと、「26というと落ち着いたイメージをもたれて、花束もシックな感じになるかと思った」からだそうだ。言い換えれば、あたしの雰囲気は実年齢よりも若いということらしいが。(笑)落ち着きがないという意味でしょうかw

花束(相方から)


贈り物はまだある。いつものように帰りは父に駅まで迎えに来てもらった。車に乗り込むと、父が言った。「家にもいくつか荷物届いてるで。」と。花束を見て、それがお返しだと分かったようだ。(笑)帰宅してみると、3つの贈り物が届いていた。お披露目をしよう。


[リヴ友]麗華さんから

バレンタインにこちらから送った荷物の伝票を紛失したため、『住所が分からないから、お返しはまた来年…』と言われたが、そのときあたしは「聞いてくれたらメールで送るやん!(笑)」と、さも『お返しください』と言わんばかりに住所を送りつけてしまった。(笑)というわけで、綺麗なお花をいただきました。恐縮です!

花束(麗華さんから)


[大学時代の先輩]shimasさんから

あたしが大学によく顔を出していた2年くらい前までは、大量生産したチョコの配布先は大学が主だった。でもshimasさんにはタイミングが合わず毎年もらってもらえなかった。今年やっと贈れたわけです。そしてそのお返しに、京都・宇治に本店を構えるお茶屋さん『伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)』の抹茶大福をいただきました。ありがとうございました!因みにこのお店の本店には行ったことがあります。

伊藤久右衛門の『抹茶大福』(shimasさんから)


[大学からの友人]S子から

京都を代表すると言っても過言ではないほど有名な洋菓子店『マールブランシュ』のチョコレートギフトをいただきました。中身は、京都のお店らしく(?)抹茶チョコです。ありがとー!

マールブランシュのチョコレートギフト(S子から)


『好いことと悪いことが併発』と言ったけれども、好いことの方が多かったので、今日という日は好い日だったと言えましょう。以上!
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

Asterism

ああ,そういえば確かによく花を贈っているなあ・・・え,工夫がない??(´・ω・`)
by Asterism (2008-05-12 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。